自己破産のデメリット※破産者の実態

自己破産のデメリット※破産者の実態

MENU

自己破産のデメリット※破産者の実態

借金が払えなくなると多くの人が思い至るのが、自己破産の手続きです。一般的に知られている自己破産の内容は、財産を失う変わりに借金も免除してもらえるという大まかなものになっており、いざというときの駆け込み寺のような印象をもたれています。
確かに、自己破産の手続きは裁判所が免責の決定を出すことで借金を免除してもらえるというメリットがありますが、一方でデメリットが全くないわけではありません。
デメリットとして注意すべきなのが、自分の所有する財産はほぼ全て失うという点です。新破産法では100万円までの資産は持っておくことができるようになりましたが、持ち家や車などはローンが終わっていても現金化して債権者に配当されることも多いため、注意が必要です。また、一度申立てをすると免責の決定がでるまでの間、医師や警備員、保険の外交員などの一部の仕事ができなくなってしまいます。どのような業種が働けなくなるのか、事前に確認しておいた方がよいでしょう。
また、見落とされがちなデメリットとして、必ずしも借金が免除してもらえるわけではないことも挙げられます。ギャンブルや浪費が原因の借り入れ、名義を偽った借り入れなどをしていえる場合には、悪質と判断されて借金の支払い義務が残されます。さらに、免責がでたとしても、税金や養育費、慰謝料などの借り入れではない支払いは残ってしまいますので、きちんと支払いを続けなければならないことに注意しましょう。